アームマウント

急速眼球運動解析装置 EyeLink 1000 PLUS


アイカメラとモニタ一体構造でカメラの位置を自由自在に変更可能
計測時はリモートマウント、デスクトップマウントいずれかの構成でおこないます。
暗所にも対応できるよう波長940nmの赤外光を採用。
注意、認知、アルツハイマー病、その他の認知症の基礎研究、EEGとの同時取り込みに最適です。


セットアップ



カタログ※ PDF形式のデータをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

リアルタイムのデータ処理スピード、高精度が可能にするタスクの一例

ストループ効果サイモン効果

赤色でGreen、青色でRed、黄色でBlueなど、表示される文字の意味と色が異なります。
意味ではなく色で反応するタスクです。反応時間も計算され出力されます。

音声がスピーカーの右方向から聞こえたらキーボードの矢印(右方向)キーを押します。
スピーカーの左方向から聞こえたらキーボードの矢印(左方向)キーを押します。反応時間も計算され出力されます。

EyeLink1000 アームマウントをご使用になられていますご研究者様