EyeLink1000 PLUS 基本システム ELM-BASE

急速眼球運動解析装置


EyeLink1000 PLUSシリーズの基本システム
このPCにいずれかのカメラマウントをお選びいただきます。
この基本システムが1台あればカメラマウントを追加していくことにより様々な実験環境下に対応できます。

Hardware

■アイトラッキングボード
■CPU: Pentium Core2 Duo 2.6GHz
■RAM:2GB
■HDD:80GB
■17インチ液晶モニタ
■Windows10 Pro
■パラレルポートx1(他機器との同期用TTLレベル信号送受信)

Software

■EyeLink SDK(Matlab、Presentation、E-primeとの同期API含む)
■EyeLink コントロールソフトウェア
■記録したデータを数値データへ変換処理プログラム
■注視、サッカード、まばたきの検出閾値の任意設定機能
■注視、サッカード、まばたきの検出閾値の発生、終了時刻の自動計算出力機能