Primateマウント

急速眼球運動解析装置 EyeLink 1000 PLUS

広範囲の眼球運動追跡。サーチコイルとの比較で遜色ない高精度。
設置は簡単。カメラを取り付け、ハーフミラーを介し眼球映像を取り込みます。
実験環境によってはデスクトップマウントを霊長類用としてご使用いただくことも可能です。
暗所にも対応できるよう波長940nmの赤外光を採用。

カタログ※ PDF形式のデータをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

EyeLink1000 Primateをご使用になられていますご研究者様
EyeLink1000 Primateをご使用になられたユーザ様の声
私の研究室では、時間の精度を要求するサッカード眼球運動の計測にはヒトの実験にもサルの実験にもEyelinkを使っています。眼球に接触する部分が全くないカメラ式の装置なので、人にも動物にもまったく苦痛を与えることがありません。私たちはこの装置の選択に心から満足しています。
大阪大学大学院生命機能研究科・医学研究科 教授 北澤 茂 先生