リモートマウント

急速眼球運動解析装置 EyeLink 1000 PLUS


完全頭部固定フリー
額や頬にマーカーを貼付することにより頭部の動きがモニタリングされ、瞬き直後のデータ損失を最小限に抑えることが可能です。
暗所にも対応できるよう波長940nmの赤外光を採用。
発達心理、読書、臨床ベースの研究、EEGとの同時取り込みに最適です。


セットアップ



被験者セットアップ


カタログ※ PDF形式のデータをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

リアルタイムのデータ処理スピード、高精度が可能にするタスクの一例

ハノイの塔サブリミナル効果

ハノイの塔で遊べます。

グレイに表示されるターゲットが赤色又は緑色に変わります。
赤色に変化したらマウスの左クリック
緑色に変化したらマウスの右クリック
タスク中には被験者が気づかないように赤色に変化する前に
"GREEN"と表示され緑色に変化する前に"RED"と表示されます。



リモートマウントでのデモです。被験者の頭部の動きを補正しているのが確認できます。
動画ファイルの1分までがキャリブレーション、バリデーションです。

 

EyeLink1000 リモートマウントをご使用になられていますご研究者様