新着情報一覧を見る
2018年11月03日
リーチングでのアイトラッキング方法
2018年09月19日
Psychtoolboxで刺激を作成するWebinarです
2017年07月03日
瞳孔径の記録と解析
2017年07月03日
タイミング制御
2017年07月03日
EEG/MRIとの同期方法
2017年07月03日
ランダム表示と基本的なカスタムクラスの使い方
2017年07月03日
動画を表示する課題の作成方法と解析方法
2017年07月03日
心理言語学向け課題の作成と解析方法
2017年05月27日
はじめてのDataViewer初歩の初歩 [Webinar]
2017年05月17日
はじめてのExperimentBuilder 初歩の初歩 [Webinar]
トラブルシューティング一覧を見る
2013年11月19日
EyeLinkCLデスクトップマウントで高い精度で計測したい。
2012年11月14日
EyeLinkが起動しません2
2012年06月20日
DataViewerやExperimentBuilderが起動しません
2012年05月17日
HostPCとDisplayPCがリンクしません
2012年05月02日
EyeLinkが起動しません
よくあるご質問 新着情報一覧を見る
Q:瞳孔径を絶対値(mm)に換算する方法[EyeLinK Ⅱ|EyeLink 1000PLUS|EyeLinkPortableDuo|FAQ|製品カテゴリ|計測について]
A:EyeLinkでは瞳孔サイズを"area"もしくは"diameter"で定義しております。 独特の単位である為、一回の課題の中における瞳孔サイズの変化を相対的に判断する指標として"area"もしくは"diameter"をご使用いただいております。 絶対値の"mm"で表現することが可能ではございましたが、より簡単な方法で単位変換することが可能になりましたので、その方法を説明します。 1.付属の義眼を以下のようにセットしてください 2.Cameraセットアップ画面でフォーカスを合わせ瞳孔と角膜反射の閾値を調整(数値が最大になるよう)してください。 3.Pupil Tracking モードを"Centroid"に設定してください。 4.PupilSizeDataで"AREA"を選択してください。 5.Output/Record画面に移動しOpenFileボタンをクリックしてください。 6.ファイル名を例えば"PUPIL"としエンターキーを押してください。 7.Recordボタンをクリックし20秒程度記録してくだいさい。 8.StopRecordingボタンをクリックしてください。 9.CloseFileボタンをクリックしてください。 10.ExitEyeLinkボタンをクリックしてください。 11.刺激提示用PCのブラウザを起動し100.1.1.1とアドレスバーに入力すると以下のような画面が表示されます。 12.記録したデータがEDFファイルとして記録されていますので、選択しDownloadボタンをクリックしてください。 13.EDFファイルをDataViewerで開き、trial/fixationを選択しPropertyパネルからaverage pupil size valueを選択してください。 14.義眼は3.5mmで作られていますので、AveragePupilSizeが例えば2029となった場合、係数は3.5 / √2020 = 0.077701074 となります。 15.実際に実験で計測したEDFファイルをDataViewerによりSampleReportで出力、もしくはEDF2ASCで数値データに変換します。 16.14で求めた0.077701074に、出力されたPUPIL_SIZE(AREA)の平方根を掛けるとmm換算されます。
Q:注視時間リアルタイム自動計測プログラムの作り方[Experiment Builder|ExperimentBuilderサンプル課題集|FAQ|サンプル課題集|ダウンロード]
A:このWebinarではExperimentBuilderで注視時間リアルタイム自動計測プログラムの作成方法を解説しています。 表示された画像を被験者にある一定時間注視させる必要がある実験で、被験者が視線を画像から外すとタイマーが自動で ストップし、再度注視を開始するとタイマーが自動再開されるプログラムです。幼児を対象とした実験に最適です。 AccumulatedLookingStudyTest.ebz をダウンロードしUnpack後にお使いのアイトラッカーや刺激PCのモニタ解像度を合わせてからご使用ください。
Q:馴化心理実験プログラムの作り方[Experiment Builder|ExperimentBuilderサンプル課題集|サンプル課題集|ダウンロード]
A:このWebinarではExperimentBuilderで馴化心理実験プログラムの作成方法を解説しています。 種類の異なる画像3枚を1枚ずつ順番に表示します。何度が繰り返すと表示された画像を注視する時間が減っていきます。 直近に表示した3枚の画像の合計注視時間が、最初に表示した3枚の画像の合計注視の50%を下回ると既に表示されたことのある画像に加え 新し画像が同時に表示されます。どちらの画像を、どれ程の時間多く注視していたかを計測します。 Habituation.ebz をダウンロードしUnpack後にお使いのアイトラッカーや刺激PCのモニタ解像度を合わせてからご使用ください。
Q:外部からのTTLレベル信号をトリガにして計測の開始/終了を制御する方法について[EyeLink 1000PLUS|FAQ|一般的なご質問に関して|計測について]
A:[EyeLink1000PLUSユーザ様向け]TTLレベル信号をトリガにしてEyeLinkの計測の開始/終了を制御する方法の説明です。 1)HostPCの設定をおこないます。TTLトリガ信号を"buttons"イベントとしてEyeLinkHostPCに認識させる作業です。 a)HostPCのFileManagerを開き、設定ボタン(ネジのアイコン)をクリックしてください。 b)"Devices"ボタンをクリックし、"PCI-e_Parallel_Port"の"Digital In" と "Digital Out" をアクティブにしてください。 c)Final.iniに以下のコードを入力してください。同期信号送信用に使用されるケーブルの種類によりコードは異なります。 ■ストレートケーブルの場合 write_ioport 0xA 0x20 create_button 1 8 0x01 0 create_button 2 8 0x02 0 create_button 3 8 0x04 0 create_button 4 8 0x08 0 create_button 5 8 0x10 0 create_button 6 8 0x20 0 create_button 7 8 0x40 0 create_button 8 8 0x80 0 input_data_ports = 8 input_data_masks = 0xFF ■クロスケーブルの場合 write_ioport 0xA 0x0 create_button 1 9 0x20 1 create_button 2 9 0x40 1 create_button 3 9 0x08 1 create_button 4 9 0x10 1 create_button 5 9 0x80 0 input_data_ports = 9 input_data_masks = 0xFF 注)各コードの最下段に一行空欄を設けてください。 ストレートケーブルの際のコードの説明です。 EyeLink1000PLUSではパラレルポート のベースアドレスは8(データレジスタ)に設定され、ステータスレジスタは9、コントロールレジスタは10に設定されます。 コマンド writes 0x20 でHostPCはデータレジスタよりデータを受け取ります。 create_buttonではHostPCが認識するイベントを定義します。詳細はHostPCのBUTTONS.INIをご参照下さい。 2)BUTTONS.INIファイルのボタンの定義 例えば以下のコマンドでTTLのhigh/low時に以下のHostPCへ記録を残すことができます。 button_function 1 "data_message 'BUTTON_1_PRESSED'" "data_message 'BUTTON_1_RELEASED'" button_function 2 "data_message 'BUTTON_2_PRESSED'" "data_message 'BUTTON_2_RELEASED'" button_function 3 "data_message 'BUTTON_3_PRESSED'" "data_message 'BUTTON_3_RELEASED'" button_function 4 "data_message 'BUTTON_4_PRESSED'" "data_message 'BUTTON_4_RELEASED'" button_function 5 "data_message 'BUTTON_5_PRESSED'" "data_message 'BUTTON_5_RELEASED'" button_function 6 "data_message 'BUTTON_6_PRESSED'" "data_message 'BUTTON_6_RELEASED'" button_function 7 "data_message 'BUTTON_7_PRESSED'" "data_message 'BUTTON_7_RELEASED'" button_function 8 "data_message 'BUTTON_8_PRESSED'" "data_message 'BUTTON_8_RELEASED'" 記録の開始、終了を制御する場合は以下のように設定できます(ボタン1を使用する場合) button_function 1 "start_recording" "set_idle_mode" Pin1がhighで記録開始、lowで記録終了となります。 3)FINAL.INIに以下のコマンドを入力することで他の全てのTTL信号がEDF(EyeLinkDataFile) に記録されます。 file_event_filter = LEFT,RIGHT,FIXATION,BLINK,MESSAGE,BUTTON,SACCADE,INPUT
Q:瞳孔径はどのように定義され出力されていますか?[EyeLinK Ⅱ|EyeLink 1000PLUS|EyeLinkPortableDuo|FAQ|製品カテゴリ|計測について]
A:瞳孔径はAREAもしくはDIAMETERで出力されます。 選択は以下のSetOptions画面でおこなってください。 AREA、DIAMETERは以下のように定義しています。 AREA=二値化された瞳孔のピクセル数 DIAMETER = 256 * sqrt(AREA / pi) もしくは DIAMETER = 256 * sqrt(AREA / 3.1415) 瞳孔径を"mm"で計算するには以下のような手続きで対応可能です。 AREAで求めた瞳孔径を"mm"に変換する場合 人工の瞳孔もしくは紙に書いたドットをご用意ください。例えばそれぞれの大きさを8mmとします。 実際の被験者で計測した際、EyeLinkがAREA:7070と出力したとします。 次にご用意いただいた8mmの人工の瞳孔もしくは紙に書いたドットを被験者と同じ距離に置き計測するとEyeLinkがAREA:6000と出力したとします。 この場合、被験者の瞳孔径は以下の計算式より7.37mmとなります。 ([8/sqrt(7070)] = [x/sqrt(6000)]) DIAMETERで求めた瞳孔径を"mm"に変換する場合 人工の瞳孔もしくは紙に書いたドットをご用意ください。例えばそれぞれの大きさを8mmとします。 実際の被験者で計測した際、EyeLinkがDIAMETER:1260と出力したとします。 次にご用意いただいた8mmの人工の瞳孔もしくは紙に書いたドットを被験者と同じ距離に置き計測するとEyeLinkがDIAMETER:1000と出力したとします。 この場合、被験者の瞳孔径は以下の計算式より6.35mmとなります。 (8/1260 = x/1000) 注)人工の眼球(瞳孔)ではなく紙に書いたドットを使用する場合、計測モードを"Pupil Only"モードに設定する必要がございます EyeLink1,2では選択可能でしたがEyeLink1000,EyeLink1000PLUSでは以下のコマンドを"Final.ini"にコピー&ペーストしてください。Final.iniは"ELCL\EXE" に格納されております ##################################################### ## force_corneal_reflection = ;; Hides "Pupil" mode button on Camera Setup screen ;; Pupil Only mode should only be used in EyeLink 1000 when participants head is completely fixed. ;; Default Value: OFF force_corneal_reflection OFF ## allow_pupil_without_cr = ;; Allows pupil without a CR nearby to be detected ;; in pupil search (after pupil loss or on startup). ;; This command is overridden in P-CR mode. allow_pupil_without_cr = ON ## elcl_hold_if_no_corneal = ;; If true, eye window is frozen until both pupil and CR are present. ;; Default Value: OFF elcl_hold_if_no_corneal = OFF ## elcl_search_if_no_corneal = ;; If corneal missing for long period, assumes false target and searches for pupil/CR candidate. ;; Default Value: OFF elcl_search_if_no_corneal = OFF ## elcl_use_pcr_matching = ;; Selects enhanced pupil-CR matching during pupil identification. ;; If used, pupil and CR are selected as best matching pair. ;; This can be used even if CR is not being used for tracking. ;; Default Value: ON elcl_use_pcr_matching = OFF #####################################################
Q:リーチングでのアイトラッキング方法[EyeLink 1000PLUS|新着情報|製品カテゴリ|計測について]
A:タワーマウントとアームマウントの組み合わせによりリーチングや被験者眼下のモニタ注視時、ライティング時のアイトラッキングが可能になりました 通常、タワーマウントは机に垂直に設置しますが、リーチングなどでは視線は下方になる為、タワーマウントを傾けて設置し固定する必要があります。 傾けて設置する為にアームマウントを使用します。
Q:Psychtoolboxで刺激を作成するWebinarです[EyeLinK Ⅱ|EyeLink 1000PLUS|FAQ|一般的なご質問に関して|新着情報|製品カテゴリ]
A: PTBで刺激を作成するWebinarです
Q:はじめてのDataViewer初歩の初歩 [Webinar][Data Viewer|一般的なご質問に関して|新着情報|製品カテゴリ]
A:はじめてDataViewerを導入されたかたへの基礎をかためていただくためのセミナです。 このセミナでは以下の内容が学習できます。 1)EDF(EyeLink Data File)の読込みと保存、ViewingSessionsのパッキング方法 2)TrialViewsの概要 3)TrialGrouping と AggregateModeの使い方 4)Interest Periodsの使い方 5)Interest Area(作成/保存/テンプレートで保存)の使い方 4)レポートの出力機能
Q:ExperimentBuilderのサンプル課題をレベル別に分類[Experiment Builder|FAQ|サンプル課題集|製品カテゴリ]
A:役に立つサンプル課題が必ずあります!! レベル別に分類されているので学習としても使えます
Q:HostPCの最新バージョン(Ver5.04)にするには[EyeLink 1000PLUS|FAQ|一般的なご質問に関して|製品カテゴリ]
A:EyeLink1000Plus(カメラがイーサネット接続タイプ)のHostPCを最新バージョンVer5.04へバージョンアップいただけます。 バージョンアップは以下の2通りの方法がございます。