Data Viewer

EyeLink 1000PLUS

EyeLinK Ⅱ

Data Viewer

  • Data Viewer
    • 瞳孔径の記録と解析
      • 瞳孔径の記録と解析について習得いただくセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)瞳孔に関連する生理/瞳孔データが注目される背景について


        2)ExperimentBuilderの設計について学習

        -瞳孔サイズの非認知の影響

        -瞳孔の遠近法効果

        -まばたき


        3)瞳孔データをmmに変換する方法


        4)基準、時間軸の変動に対する解析方法



    • タイミング制御
      • タイミング、時間制御について習得いただくセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)"TimingControl"についての紹介


        2)よく使われるトライアル("PREPARE_SEQUENCE" "DRIFT_CORRECT" )について学習


        3)インターバルのタイミング制御方法


        4)トライアルイベントのタイミングをログする方法


        5)"Timer"トリガを"Trial Events"を紐付けする方法



    • EEG/MRIとの同期方法
      • 脳波やMRIと、課題を同期させる方法を習得いただくセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)同期信号の可能性と概念の概略について


        2)イベント、条件をマーキングするためにEEGに同期信号を送る方法


        3)MRIからの同期信号を"ControlExperiment""Block""Trial"で受ける方法


        4)オプションのアナログ出力装置から、他機器へ注視、瞳孔情報を送る方法


        5)他の機器との同期に役立つパラレルポートの使い方



    • ランダム表示と基本的なカスタムクラスの使い方
      • 課題のランダム表紙と基本的なカスタムクラスの使い方を習得いただくセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)Variableノード、Update Attributeノードを使ったランダマイズ表示方法


        2)カスタムクラス(Python)でのランダマイズ表示方法


        3)GUIからカスタムクラスへのアクセス方法


        4)カスタムクラスからの重要なデータをファイルへ抜けがなく保存する方法



    • 動画を表示する課題の作成方法と解析方法
      • 動画の刺激を使う課題における視線解析や課題の作成方法を学習するセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        【ExperimentBuilder】

        1)簡単な動的課題のパターン作成


        2)SplitAVIや他のツールを使って動画を準備する方法


        3)動画を表示する方法


        4)音声と動画を同期する方法


        5)注視の時間経過の出力方法



        【DataViewer】

        1)動的ヒートマップの作成方法


        2)動的インタレストエリア(注視点解析用の任意エリア)作成方法


        3)注視とサンプルベースの解析方法


        3)パーシュート運動との分離方法


    • 心理言語学向け課題
      • 心理言語学向けの課題、いただくためのセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)リーディング向けのExperimentBuilder構築


        2)リーディング課題における自動セグメント設定


        3)DataViewerからの計測データ出力


        4)オーディオイベント情報をデータに記録する方法


        5)注視の時間経過の出力方法


    • 心理言語学向け課題の作成と解析方法
      • 心理言語学向けの課題の作成と解析方法を習得いただくためのセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)リーディング向けのExperimentBuilder構築方法


        2)リーディング課題における自動セグメント設定方法


        3)DataViewerからの計測データ出力方法


        4)オーディオイベント情報をデータに記録する方法


        5)注視の時間経過の出力方法


    • はじめてのDataViewer初歩の初歩 [Webinar]
      • はじめてDataViewerを導入されたかたへの基礎をかためていただくためのセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)EDF(EyeLink Data File)の読込みと保存、ViewingSessionsのパッキング方法


        2)TrialViewsの概要


        3)TrialGrouping と AggregateModeの使い方


        4)Interest Periodsの使い方


        5)Interest Area(作成/保存/テンプレートで保存)の使い方


        4)レポートの出力機能


    • DataViewerソフトウェアfor Win
      • EyeLinkI,II,1000,1000PLUS,PortableDuoに対応した解析用ソフトウェアです。

        ライセンスフリーの場合でも30日間ご試用いただけます!!



        ■ソフトウェアダウンロード

        DataViewer4.2.1


        対応OS

        Windows7,8,10

        他、必要スペック:64bit Ubuntu Desktop LTS (>=16.4) , OpenGL2.0ビデオカード



    • DataViewerソフトウェアfor Mac
      • EyeLinkI,II,1000,1000PLUS,PortableDuoに対応した解析用ソフトウェアです。

        ライセンスフリーの場合でも30日間ご試用いただけます!!



        ■ソフトウェアダウンロード

        DataViewer4.2.1


        対応OS

        MacOSX(10.11 以降)

        他、必要スペック:64bit Ubuntu Desktop LTS (>=16.4) , OpenGL2.0ビデオカード



Experiment Builder

  • Data Viewer
    • 瞳孔径の記録と解析
      • 瞳孔径の記録と解析について習得いただくセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)瞳孔に関連する生理/瞳孔データが注目される背景について


        2)ExperimentBuilderの設計について学習

        -瞳孔サイズの非認知の影響

        -瞳孔の遠近法効果

        -まばたき


        3)瞳孔データをmmに変換する方法


        4)基準、時間軸の変動に対する解析方法



    • タイミング制御
      • タイミング、時間制御について習得いただくセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)"TimingControl"についての紹介


        2)よく使われるトライアル("PREPARE_SEQUENCE" "DRIFT_CORRECT" )について学習


        3)インターバルのタイミング制御方法


        4)トライアルイベントのタイミングをログする方法


        5)"Timer"トリガを"Trial Events"を紐付けする方法



    • EEG/MRIとの同期方法
      • 脳波やMRIと、課題を同期させる方法を習得いただくセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)同期信号の可能性と概念の概略について


        2)イベント、条件をマーキングするためにEEGに同期信号を送る方法


        3)MRIからの同期信号を"ControlExperiment""Block""Trial"で受ける方法


        4)オプションのアナログ出力装置から、他機器へ注視、瞳孔情報を送る方法


        5)他の機器との同期に役立つパラレルポートの使い方



    • ランダム表示と基本的なカスタムクラスの使い方
      • 課題のランダム表紙と基本的なカスタムクラスの使い方を習得いただくセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)Variableノード、Update Attributeノードを使ったランダマイズ表示方法


        2)カスタムクラス(Python)でのランダマイズ表示方法


        3)GUIからカスタムクラスへのアクセス方法


        4)カスタムクラスからの重要なデータをファイルへ抜けがなく保存する方法



    • 動画を表示する課題の作成方法と解析方法
      • 動画の刺激を使う課題における視線解析や課題の作成方法を学習するセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        【ExperimentBuilder】

        1)簡単な動的課題のパターン作成


        2)SplitAVIや他のツールを使って動画を準備する方法


        3)動画を表示する方法


        4)音声と動画を同期する方法


        5)注視の時間経過の出力方法



        【DataViewer】

        1)動的ヒートマップの作成方法


        2)動的インタレストエリア(注視点解析用の任意エリア)作成方法


        3)注視とサンプルベースの解析方法


        3)パーシュート運動との分離方法


    • 心理言語学向け課題
      • 心理言語学向けの課題、いただくためのセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)リーディング向けのExperimentBuilder構築


        2)リーディング課題における自動セグメント設定


        3)DataViewerからの計測データ出力


        4)オーディオイベント情報をデータに記録する方法


        5)注視の時間経過の出力方法


    • 心理言語学向け課題の作成と解析方法
      • 心理言語学向けの課題の作成と解析方法を習得いただくためのセミナです。

        このセミナでは以下の内容が学習できます。


        1)リーディング向けのExperimentBuilder構築方法


        2)リーディング課題における自動セグメント設定方法


        3)DataViewerからの計測データ出力方法


        4)オーディオイベント情報をデータに記録する方法


        5)注視の時間経過の出力方法


シーンカメラ